子宮内膜症は漢方で治す|患者さんの体に優しい治療法

医師

症状の緩和治療

眠る女性

睡眠時無呼吸症候群は潜在患者が多い病気です。睡眠時無呼吸症候群の治療方法としては、CPAP療法や外科的手術療法、マウスピース療法などがあります。症状に合わせて選択していきましょう。

Read More

辛い腰の痛みを和らげる

腰を押さえる男性

行徳のクリニックでは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などが原因で起こっている腰痛の治療を受けることが出来ます。保存療法や外科手術療法など、患者さんの症状にあわせて治療を選択します。

Read More

生命を失うリスクを下げる

患者とナース

心筋梗塞は放置していると死亡する危険性もあります。前兆を知っていることで、死亡リスクを大幅に減らすことが出来ます。また普段の食事や生活習慣の改善も心がけましょう。

Read More

体質改善で免疫力向上

複数の生薬

子宮内膜症は女性特有の病気です。子宮内膜症は、子宮の内側にあるはずの子宮内膜が子宮の外側にも発生してしまう病気です。子宮内膜症は定期的に訪れる生理のように、出血を繰り返すのが特徴です。そのため腹部で炎症や細胞の癒着が起こります。子宮内膜症の一般的な治療方法としては、ホルモン療法や薬物療法、手術療法があります。ホルモン療法では人工的に生理をストップさせることで、子宮内膜の負担を軽減させるのが目的です。ですがこのホルモン療法や手術療法を行なっても、再発することがあります。そのたびにホルモン療法や手術療法を繰り返すとなると、患者さんの身体への負担も大きくなってしまうのです。そこで最近では漢方治療を選択する患者さんが増えています。

漢方治療は患者さんに合わせて、調合する漢方を選択していきます。また漢方は身体の調子を整え体質改善をするのが最大の目的です。そのため子宮内膜症を身体の内側から治療していくことが可能なのです。漢方治療を行なうと体質が変わるため、再発のリスクを減らすことが可能になります。漢方治療では血流の改善、癒着拡大の防止、冷え性の改善などをメインに体質を整えていきます。これらの効果としては抵抗力や免疫力の向上に期待が出来ます。またホルモン内分泌系の異常に対しても免疫が出来るため、病変リスクを下げることが出来るのです。漢方薬の選択は患者さんの体質によって変わります。最適な漢方薬の選択は病院の医師や漢方の専門科に相談してみると良いでしょう。