子宮内膜症は漢方で治す|患者さんの体に優しい治療法

医者と看護師

症状の緩和治療

眠る女性

睡眠時無呼吸症候群を発症する患者さんは国内でも増えています。睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に呼吸が一定時間ストップしてしまう症状です。具体的には7時間の睡眠をとった場合30回以上、または1時間に呼吸がストップする回数が5回以上あった場合は、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。睡眠時無呼吸症候群はその名前にもあるように眠っている時の症状です。そのため自分自身で病気を判断することが難しい病気なのです。そのため自分では病気とは思っていない人の中にも、睡眠時無呼吸症候群である可能性は十分にあります。この病気を放置していると脳に酸素が運び込まれないため、脳卒中を引き起こしてしまうこともあるのです。自分で確認できる症状としては、昼間にやたら眠くなる症状や、起床時の倦怠感、集中力の低下などがあります。これらの症状に心当たりがある人は、病院を受診してみると良いかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群の対策方法としては、複数の方法があります。元もポピュラーな治療方法としてはCPAP療法があります。この療法は国内だけでなく諸外国で採用されているタイプになります。具体的な方法としては、専用のCPAP装置に繋がれたマスクを鼻に装着し空気を送り込むとい治療です。気道に空気を直接送り込むことで気道の開存をするのが目的です。基本的にこのCPAP装置は毎晩装着するのが望ましいです。他にも外科的手術を行なうことで、気道を塞いでいる箇所を直接取り除く根治療法や、症状が軽い患者さんに行なわれることが多いマウスピース療法などがあります。