子宮内膜症は漢方で治す|患者さんの体に優しい治療法

医者と看護師

生命を失うリスクを下げる

患者とナース

心筋梗塞は動脈硬化や血管の中にプラークが発生し、心臓に繋がっている冠動脈が詰まってしまった状態を言います。心筋梗塞は発症してから経過した時間の長さによってその名称が変わります。発症から3日以内の場合は急性心筋梗塞、発症してから30日以上経過している状態を陳旧性心筋梗塞と呼びます。心筋梗塞は国内でも死亡リスクが高い病気の1つですので、早い段階で治療を行なうことが重要です。

心筋梗塞を発症する前には前兆症状があります。心筋梗塞を発症しても命が助かった患者さんの多くはこの前兆症状に気づき、病院を受診していたというのが共通しています。そのためまずは心筋梗塞の前兆を把握しておきましょう。主な前兆としては、心臓近辺の痛み、呼吸困難、冷や汗、背中の痛みなどがあります。これらの症状に気づいた場合は、速やかに病院で診療してもらいましょう。また一般的に前兆が起こってから2週間以内に心筋梗塞は発症すると言われています。また心筋梗塞を発症してしまった場合でも、早めに病院を訪れることが大切です。30分以上胸の痛みや吐き気、呼吸がしづらい状態が続いているという人は、心筋梗塞を疑いましょう。

心筋梗塞を予防するためには、動脈硬化を防ぐことが重要です。動脈硬化は栄養バランスの悪い食生活や生活習慣の乱れが主な原因です。また肥満症の人は動脈硬化並びに心筋梗塞を発症しやすいため注意しましょう。心筋梗塞の予防をする際には、塩分や脂質コレステロールの摂取に気をつけて、適度な運動を心がけましょう。また質の高い睡眠をとるというのも予防には効果的です。