子宮内膜症は漢方で治す|患者さんの体に優しい治療法

医者と看護師

辛い腰の痛みを和らげる

腰を押さえる男性

腰痛で悩んでいる人は多いでしょう。体力仕事や、立ち仕事、オフィスワークでも腰痛が起こっている状態では仕事に集中することが出来ません。ひどい腰痛の場合は、セルフケアではどうしようも無いこともあります。その場合は行徳にある病院やクリニックを訪れて、腰痛専門の治療を受けてみることを検討してみましょう。腰痛が引き起こされる原因は具体的には分かっていません。現在の段階では筋肉のバランスが乱れることが、腰痛の主な要因だと考えられています。そして筋肉のバランスが崩れることで骨にも影響し、神経を刺激し痛みが発生するのです。

腰痛の種類としてはぎっくり腰や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、急性腰痛症などがあります。これらの種類に合わせて行徳のクリニックでは治療方法を選択していきます。腰痛の治療方法としては、保存療法や外科手術療法、カイロプラクティックなどがあります。行徳のクリニックで行なわれている保存療法には様々な種類があります。安静療法や装具療法、薬物療法、ブロック注射、理学療法などです。安静療法は腰痛治療の中でも最もポピュラーで、痛みを緩和するには最も効果があるとされています。装具療法や薬物療法に関しては、患者さん自身の痛みの度合いや、症状をみながら行ないます。一般的には痛み止めの薬を服用しながら治療を進めていきます。痛みを止める治療としてはブロック注射も効果があります。椎間板ヘルニアなどの痛みが激しいタイプの腰痛治療で用いられることが多い治療方法です。